ブログトップ

リュウグウノツカイ

tukiさんのダンナさん(ぽっけさま)のブログでこんなのを見ました。
b0029704_1312686.jpg


リュウグウノツカイ(竜宮の使い)という魚です。

8月4日
体長5メートル近くもある謎の深海魚・リュウグウノツカイ(龍宮の使い)が2匹、
御坊市名田町の海岸で4日、アワビ漁をしていた地元の人に捕獲された。
この魚がとれると天変地異の前触れといわれる半面、
他の魚も海面近くに上がってきているため大漁の前兆としているケースもあるそうで、
地元で話題になっている。 
午前9時過ぎ、御坊市名田町、日高博愛園西側の海岸で、
アワビ採りに来ていた同町上野、理髪店経営、尾崎光雄さん(68)が、
海に潜ろうとしたところ、目の前にキラキラと光る長い物が1匹泳いできた。
尾崎さんは、ウミヘビではないかと身に危険を感じ、
所持していたヤスを使って捕まえようと格闘し、
頭付近を3カ所ヤスでつくとおとなしくなった。



頭付近を3カ所ヤスでつくとおとなしくなった。

おとなしくなったとゆーか、たぶん死んじゃったんだと思います。


ちなみに
タチウオ(太刀魚)を大きくしたような魚で体は銀白色でウロコがありません。
背ビレと胸ビレは鮮やかな赤色で頭部の5~6本の背ビレと胸ビレは
長く糸状に伸びているのが特徴です。


この写真では背ビレ・胸ビレは赤くないので、
「立ち泳ぎしているタチウオ」かと。


でもすごく幻想的な写真ですよね。
深海に棲んでいるという割には海面目下ですし。
明らかに「合成かなー」とは思いましたが、
「リュウグウノツカイ」
という素敵な名前にはこっちの方がピッタリ。うん。


実際、水族館などにも標本が展示されているようですが、
まあこんなかんじです。
b0029704_13143914.jpg


たぶん現実はこんなもんです。





もっとリアルだとこんなかんじです。
b0029704_13182858.jpg

もうなんてゆーか。

昆布漁みたいです。


素敵です、尾崎さん(68)。













ついでにこんな写真も発掘。
b0029704_13233979.jpg


えー?!
頭小さすぎ!何十頭身あるのかと。
あの小さな頭で、この体を維持するためにどれだけ食べなきゃならないのかと。
たぶん1口で食べられる量が少ないから、
ほぼ24時間何か食べてなきゃ間に合わないと思います。


それにこんなのとか。
b0029704_13273767.jpg


「おまえは何人だ」と。
タコの赤ちゃんとか言えば何となく納得できるようなできないような。
大きさも種類もわかりません。




さらにこんなの。
b0029704_13295591.jpg


下から内臓みたいなのがはみでちゃってます。
何でしょう、このUFJで作られたハリボテみたいな魚は。
こんなのが深海には普通に泳いでるんですね。

絶対そ遭遇したくないこと受けあいです。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by glooby_ayako | 2006-08-11 13:25 | 雑談

<< ナイトorオフシーズンor仏滅??? お食事会。 >>