ブログトップ

癒されない曲だってあるんだ。

おはようございます。



朝っぱらから更新です。
昨日たっぷり眠ったので全然眠くないayakoです。


さわやかな朝におおよそ似つかわしくない話題をお届けします。





さて。
音楽とは何の為にあるのでしょうか?

元気を出す為、人の気持ちに共感する為・・・
まあいろいろな製作意義があるとは思うのですが、
とにかくいろんな人に聞いて欲しいという作者の意図はあると思うんです。

が。

世の中は大層広いもので、必ずしもそうとは言い切れない曲もあるんですな。





結婚式に使うBGMを探していたら、とある曲を見つけました。







『暗い日曜日』




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




暗い。既に曲名からして暗すぎる。
少なくとも式を目前に控えた女が聞く曲ではないww

でもこういう曲って、興味本位で聞いてみたい気もする・・・






で、聞いてみたw





うーん、暗いなあ。
いや、曲自体はそう悪いものではないんですけど、
なんていうか・・・・聞いてて悲しくなる。

失恋ソングを聴いて
「ああ昔のツライ恋をを思い出しちゃったわ。泣けるぅ・・・」
とかそういったレベルの話じゃなくて、
歌詞とかわかんないけど、少なくとも聞いて陽気になるかんじじゃないし、
「共感できるわぁ」といったレベルの雰囲気でもない。


いろいろ調べてみたところ(物好き)、
失恋した女性が自殺する歌なんだとか。
で、この曲を聴いて昔ハンガリーで自殺者が急増したんだとか。
更に放送禁止になっちゃったんだとか。
もっと言えば作曲者も自殺しちゃったんだとか。
ついでに俗称が「自殺者の聖歌」っていうんだとか。



当時作曲した人はそんな思惑は全然ないんでしょうけど、
悲しい気持ちを曲として表現したいという点では名曲なんじゃないかと。

まさか共感しすぎて、後々こんなことを言われるとは
夢にも思わなかったんでしょうなぁ。




で、更にネットサーフィンしていると、
この『暗い日曜日』とセットになっているワードが








『カールマイヤー』



例に漏れず、聴いてみました。





・・・・・・・・・・・・・











うん、これは。
興味本位で聞くもんじゃないですね。

精神崩壊させる為に作られた曲なんだそうですよ。

曲だけでそこまで至らしめるのは無理だと思うのは、
たぶん私が正常な精神状態を維持しているからだと思うんですが、
不安定な人が聞いたらどうだろう・・・確かにそうなっちゃうかもしれないな。

鈴木光司とか、つのだじろうとか、楳図かずお系が苦手な人には
絶対おススメできません。
夜一人でお風呂に入れなくなります。
女性の叫び声みたいなのが耳について離れません。
てゆーか、私も最後まで聞けませんでした。気持ち悪くて。
こーいった系のはそこそこ強い方だったはずなんですが・・・



まあそれでも聞きたいという人は
自分でネットサーフィンでもして探して聞いてみたらいいんだと思います。
責任取れませんのでリンク貼りませんw




私は早く式用のBGMを探さなければ。
日本が平和でよかったと心から思う今日この頃でした。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by glooby_ayako | 2007-05-02 10:25 | music

<< 他県から見た九州のおみやげ事情。 スキンシップは大事なの。 >>