ブログトップ

男と女の考え方。

昨日、sophyの友人が彼女と別れてしまったということで、
少しでも元気付けてあげられたらと思い、食事に行きました(飲み?)。

うちも今は貯金を食いつぶしながらの生活なので
決して余裕があるわけじゃないのですが、今までsophyも私も
かなり心の支えになってもらった他ならぬ友人ですし、
会って話をするだけでも力になってあげられるんであれば・・・と思い、
先日電話があってすぐ、会いに行くようsophyに進言しました。

女性側の見方の意見も参考になればと思って
私も行ってきました。まあ参考になったかどうかはわからないけれど(汗)

で、いろいろ話を聞いてきたわけなのですが・・・








実際に彼の彼女には会った事はなくて、彼の話から推測しながら
私は私なりに彼女の気持ちを考えました。

別れた理由とか、彼女の考え方などは
ここではプライバシー保護のため、書くことは控えさせていただきます。

食事の場では、彼と私たち以外に他に2人、彼の友人が臨席し、
5人で話を聞きました。


実は私、男性の失恋相談を聞いたのは今回が初めてでした。
そしてその相談に対し、同じく男性がどう考えるかを聞くのも初めてでした。

集まった男友人4人は、それぞれ自分の経験談や考えを踏まえつつ
彼らなりのアドバイスを各々してやっていたのですが、
それを聞きながら、男と女の考え方っていうのはここまで違うものなのかと。

決して反論したいわけではなく、
彼らの話に共感できる部分もたくさんあったのですが、
それ以上に、あぁ男の人ってこういう時にはこんなことを考えるんだなと。

逆に私自身は女性の失恋相談には分不相応なほど乗ってきたので
女性側の平均的な考え方はある程度わかっているつもりでした。
まあ個人差はあるんですけどね。


彼女を失った悲しみや苦しみを隠しきれず、時折涙を流しながら
それでもしっかりと経緯を話してくれた彼の姿を見ながら、
私も昔の自分の経験と重ねつつ、胸が痛くなりました。

別れ方に納得いかない彼に対し、周りの友人たちは
すぐ彼女に連絡を入れて、もう一度話しに行くように勧めていましたが
私はしばらく時間を置いた方がいいんじゃないかなあって思いました。

彼は、これ以上ないっていうほど打ちのめされていました。
話の途中で、最悪の事態に至るつもりもあることをほのめかしていました。

女性が決死の覚悟で告げた別れ。それは早々変わるものじゃないんです。
話を聞いた上では、相当に芯の強い女性だということは察することが出来ました。

それが1週間や2週間で簡単に考えが変わるものとは思えませんでした。

まあ確かに個人差があるので、絶対とは決して言い切れません。
逆にすぐ行った方が良い結果に結びつくこともあるかとは思います。

ですが、万が一、すぐに行ってそれでもだめだった場合、
彼の精神状態がそれに耐え得るものとは思えませんでした。

人間はそれほど弱い生き物ではないと思っているんですけど、
その考えを覆すほどの陰鬱感が、彼の体中にまとわりついているかんじでした。


マジでヤバイと思いました。
誰もが失恋した時にはそういう状態には陥りやすいのですが、
もうそんな状態に近いとか近くないとか、そんな次元の話じゃなかったです。

逆に無理したように時々明るく振る舞う姿に危機感すら覚えました。

そして、車で家まで送っていった最後、
「もし自分に・・・」
あーもうこれ以上不吉な言葉は書きたくない。てか書かない。

私の考えすぎってオチだったら、いくらでも考えすぎてやるんだけどな。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by glooby_ayako | 2008-02-25 16:02 | 思うこと

<< 「愛を込めて花束を」フラゲ♪ 日記移動。 >>